JACET Study Group for Literature in Language Education (JACET文学教育研究会第13次プロジェクト)

大学英語教育学会(JACET)2014年度学会賞を受賞!~『文学教材実践ハンドブック』

授賞式jACET
スポンサーサイト
2014-08-31 : 出版物の紹介 :
Pagetop

大学英語教育学会(JACET) 2014年度大学英語教育学会(JACET)学会賞受賞~『文学教材実践ハンドブック~英語教育を活性化する』 

2014年8月28日~30日に行われた大学英語教育学会 第53回(2014年度)国際大会 2日目17:25から
2014年度大学英語教育学会学会賞(JACET賞)の授賞式が行われました。本研究会有志による書籍
『文学教材実践ハンドブック~英語教育を活性化する』をご評価いただき、JACET会員である編・著者
に対して学会賞(実践部門)が授与されました。

この機会に是非、本書籍をご一読ください。書店、または英宝社にてご注文いただけます。

文学


2014-08-30 : 出版物の紹介 :
Pagetop

『文学教材実践ハンドブック―英語教育を活性化する』

9月末に以下の書籍が出版されました。英宝社にて注文可能です。英語教育にご関心のある先生方にご一読いただければ幸いです。

タイトル:『文学教材実践ハンドブック―英語教育を活性化する(Literature as Inspiration in the English Language Classroom)

出版社:英宝社
定価:2200円+税


文学教材実践ハンドブック

内容:
まえがき 執筆者一同
序にかえて
・新時代の英語教育と文学ー本ハンドブックの推薦文に代えて~斉藤 兆史
・文学テキストへのEPSアプローチの応用~野口ジュディー

カテゴリー:文学作品を深く読む試み
・味読の楽しみー英文学作品の原書を使った精読~奥村 真紀
・Jane AustenのPride and Prejudiceにおける会話文の理解~市場 史哉
・文学力を表現力へー詩と俳句を教材として~寺西 雅之/那須 雅子
・日本文学を英語で読むー翻訳から学ぶ文学的表現~内藤 満
・サマセット・モーム「蟻とキリギリス」から学ぶ視点と価値づけ~船本 弘史

文学作品の持つ力を活かす試み
・いまファンタジーにできることー『オズの魔法使い』で英語を学ぶ~石本 哲子
・『マイ・フェア・レディ』のイライザと共に学ぶー読解力と学習意欲の向上を目指して~須田久美子
・小説Dead Poets Societyを用いた読解力及びクレイティカル・シンキング力養成の授業の試みー映画Dead Poets Societyとのコラボレーションによる~森永弘司/竹村理世/北島美咲/後藤せいこ
・ミルトンの『失楽園』で学ぶキリスト教文化ー単語に込められた意味を知る~江藤あさじ
・リーディング指導における誘因の活用と動機づけーVirginia WoolfのA Room of One's Ownを使用して~幸重美津子
・イギリス文学の人気教材を使った学生による模擬授業の試み~松岡 信哉
・ミステリー教材を使ってみるーモチベーションを高める英語教育~吉村 俊子

文学作品からクリエイティブなアクティビティへと発展させる試み
・翻案創作に至る朗読演習ーシェイクスピアの原文味読を踏まえた場合~田中敦子
・登場人物の視点で物語を立体化しようーシェイクスピアを/で遊ぶ~齋藤安以子
・ヘミングウェイの短編を用いたラジオプレイの試み~Susanna Pavloska
・俳句から英詩へー比較文学的アプローチによる自己表現のためのライティング~坂本輝世
・短編を活用した英語発信力向上の試みープロジェクト授業の一環として~安田優
・「英語落語」を授業に取り入れる~藤澤良行/北川千穂

結び
・大学英語教師と文学教育~多田稔
・文学・言語・教育 偶感~川畑彰
・あとがき~吉村俊子

参考文献
執筆者紹介


2013-10-07 : 出版物の紹介 :
Pagetop

Extraordinary Short Stories 

文学教育研究会12月例会でご講演いただきました松村延昭先生が、徳永由紀子先生との共著で、ふくろう出版からExtraordinary Short Storiesをご出版されております。概要は以下の通りです(出版社HPより)

「文学作品は実用的でない」と大学英語テキストから忌避されるようになって久しい。けれども生身の人間の感情というのは比喩や暗示的文章の中でこそ活き、背景知識の学習は異文化理解にもつながる。本書では、文法と語彙の知識を教授でき、かつストーリーも面白い2作品を厳選収録。辞書に頼らず読み進められるよう巻末には入念な注釈を掲載。セクション毎に内容を確認できる関連問題やディスカッションポイントも提示し、活発な授業展開を促進。」

目次などの詳細につきましては、出版社HP(http://www.296.jp/books/data_books/t1334276372/index_html )に載っております。(青字をクリックしていただくと、書籍紹介ページが開きます)。

次年度使用のテキストを決定する時期かと思いますが、文学教材をとお考えの先生方は是非、HPにて詳細を御覧ください。

a1.jpg




2012-12-18 : 出版物の紹介 :
Pagetop

『読みの学習社から読みの教師へ~第2言語(英語)教育の問題点とその術策』

遅くなりましたが、今年度6月例会でご講演いただきました多田稔先生ご監修の書籍『読みの学習社から読みの教師へ~第2言語(英語)教育の問題点とその術策』をご紹介させていただきます。英宝社から出版されております。

読みの学習者から読みの教師へ

※ 英語教育の現場やアメリカ留学を志す学生のニーズ・関心に立脚した実践の書。
※ 言語習熟度の如何にかかわらず、小・中・高校、大学の英語教師必読の書。
著者たちは、広範囲に及ぶ第二言語の読みの力に関する諸問題を、この書物のなかで扱い、一貫して次のことを実証している。すなわち、第二言語における読みの力の養成とは、学習者たちが、書かれた資料内容を理解するための、彼ら、あるいは彼女ら自身のもっている個人的目的や目標はもとより、その背景的予備知識やテクストの概要を活用し、文字や文法的事項に目を配り、第一言語に関連した知識を用いたり、実生活の知識を活用したりする、ダイナミックで相互作用的な一つのプロセスである。「シリーズ編集者の序文」より。
2011-11-09 : 出版物の紹介 :
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

bungakukyouiku

Author:bungakukyouiku
文学教育研究会ブログへようこそ。本研究会では年に5回、同志社大学今出川キャンパスにて例会を開催しております。ご関心のある先生方はぜひご参加ください。

QRコード

QR