JACET Study Group for Literature in Language Education (JACET文学教育研究会第13次プロジェクト)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

2009年10月例会

9月に入り爽やかな季節を迎えましたが、皆様如何お過ごしでしょうか。さて、文学教育研究会
10月例会を以下の要領で開きたいと存じますので、万障お繰り合わせの上ご出席くださいますよう
お願い申し上げます。

日時: 2009年10月 3日(土曜日) 14時半~17時

場所: 同志社大学今出川キャンパス博遠館会議室
                    
ご発表:

☆橋本登代子先生(関西外国語大学)
 『時が来れば実を結ぶ文学教育をめざしてー言語と文学』

「関西外国語大学で十数年、イギリス文学史を担当した経験をふまえて
文学の教育がなぜ大切か、どのように教えるのが効果的か、どのような
 問題を克服すべきであるか、などについて、ルネサンス期の『リヤ王』
 という作品の解説を例にあげて報告する。」

☆石野はるみ先生(大阪国際大学)
 『一般教養・サイエンス・チョーサーの関係』  

 「中世の自然哲学と科学の発達、中世の学問体系と現在の一般教養の成り立ちは
密接に関係している。チョーサーは当時の教養人であり、サイエンス(知識)にくわしい。
『カンタベリ物語』の「バースのかみさんの前口上」をとりあげて、天文学的知識としての
金星と水星をめぐる星座配置が、主人公、かみさんと亭主の夫婦関係にどのように
かかわっているかについて報告する。」

*例会後は、いつものように懇親会を予定しております。こちらも是非ご参加ください。
スポンサーサイト
2010-09-15 : 例会案内 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

bungakukyouiku

Author:bungakukyouiku
文学教育研究会ブログへようこそ。本研究会では年に5回、同志社大学今出川キャンパスにて例会を開催しております。ご関心のある先生方はぜひご参加ください。

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。