JACET Study Group for Literature in Language Education (JACET文学教育研究会第13次プロジェクト)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

2010年6月例会のお知らせ

爽やかな新緑の季節になりましたが、皆様いかがお過ごしでいらっしゃいますか。文学教育研究会6月例会を以下の要領で開きたいと存じますので、万障お繰り合わせの上ご出席くださいますようお願い 申し上げます。

                記

日時:  2010年6月5日(土曜日)14時半~17時

場所:  同志社大学今出川キャンパス至誠館:23番教室

ご発表: 

☆高瀬敦子先生(近畿大学)
『多読を成功させる鍵』

「国内で多読が急速な広がりを見せていますが、やり方によっては余り効果が上がらないこともあります。多読を成功させるには、SSR (Sustained Silent Reading) と SSS (Start with Simple Stories) の2点が重要になります。授業内で多読の時間を設けることにより、多読初期に易しい本を大量に読ませ、その後の伸びを容易にすることができます。」
  
☆渡千鶴子先生(関西外大)
『英文学を教材とした授業――小説を中心にした実践報告』

「同志社大学と関西外大で行っている19世紀の英国の作家の作品を取り入れた授業のささやかな実践報告である。文学に興味を持たせる方法、人間形成に役立つことを自覚させる方法、何よりもまず学生との意思疎通を図る方法などに着目して、教材の選択、オリエンテーションでの話の内容、授業の進め方を報告する。数年前の資料になるが、質問に対する学生の回答やレポートの内容を提示し学生の反応も紹介する。」

ご講演:

☆野口ジュディ先生(武庫川女子大学)
『Exploring an ESP Approach to Literature 』


「ESP and literature seem to be on two opposite poles of the language spectrum. ESP views language as  recurring patterns of text conforming to goal-oriented norms while literature is, by nature, creative and unique. However, ESP cannot ignore literary texts because, if written language is considered to be the “repository of the finest literary achievements of a society (Wilkins 1972:5),” then literature must be an integral part of a liberal university education. A reassessment of the relationship between ESP and literature was undertaken by Hirvela with the aim of finding “what literature may have to offer in the ESP context (Hirvela 1990:237).” He discusses the distinction between conformity and creativity and describes how instruction can be done in a goal-oriented manner or a process-oriented manner. He concludes that it is a process-oriented approach can enable learners to explore creativity and that this is where using literary texts could offer valuable input for ESP courses planned with a broad scope in mind. From this viewpoint, I will show how ESP concepts and tools, such concordancing from corpus linguistics and Web-based materials, can offer refreshing ways to approach literature in the classroom.」

References
Hirvela, A. (1990). ESP and literature. English for Specific Purposes, Vol. 4, pp. 237-252.
Wilkins, D. A. (1972). Linguistics in language teaching. London: Edward Arnold.


*例会後は、いつものように懇親会を予定しております。こちらも是非ご参加ください。
スポンサーサイト
2010-09-15 : 例会案内 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

bungakukyouiku

Author:bungakukyouiku
文学教育研究会ブログへようこそ。本研究会では年に5回、同志社大学今出川キャンパスにて例会を開催しております。ご関心のある先生方はぜひご参加ください。

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。