JACET Study Group for Literature in Language Education (JACET文学教育研究会第13次プロジェクト)

2月例会のお知らせ

2月例会は、以下の日時・場所にて開催させていただきます。今回は、西納春雄先生にご講演を、藤岡千伊奈先生と須田久美子先生にご発表いただくことになっております。

 日時:2012年2月25日(土曜日)14;00
 場所:同志社大学今出川キャンパス 至誠館23番教室


ご発表:

・ご発表者:須田久美子先生(北陸大学)

・ご発表タイトル:「授業報告―ミュージカル『マイフェアレディ』のイライザと共に学ぶ」

・概要:2010年度後期同志社大学の授業において、ミュージカル『マイフェアレディ』の台本を教材とし取り上げました。言語学者ヒギンズ教授のもと、下町の花売り娘イライザが正しい英語の発音を身につけようと奮闘する物語です。授業の目的は、英語の原典を読むことで読解力の向上を目指すことに加え、英語教育に対するヒギンズの情熱と、イライザの必死に英語を学ぶ姿を通して、学生たちが英語を学ぶということについて今一度考え、英語に対する興味を喚起することでした。授業の進め方、学生の反応を紹介しつつ、成果と課題について発表したいと思います。



・ご発表者: 藤岡千伊奈先生(流通科学大学)

・ご発表タイトル:『映画のノベライズ原書を使用した精読授業』Intensive-Reading Class Using theNovelization of the Movie, Dead Poets Society

・今回の発表は、2010―2011年度、関西大学の英語III a/b (リーディング)で行った、アメリカ映画『いまを生きる』のノベライズ版を用いたリーディング授業の実践報告である。コンテント・ベースの精読授業で、主に学習者の内容理解・批判的思考力・共感の向上を目指した。授業の進め方、様々なタスクを用いた課題とスキットを含む学生の作品例、及び授業後に行った授業に関するアンケート結果も提示する。



ご講演:

・ご講演者:西納春雄先生(同志社大学)

・英文多読クラスのその後、そして電子ブック

・2010年の研究会では英文多読クラスの中でどのような英語力が伸びるのかをお話しさせていただきました。今回は、その後の試みである多聴訓練を取り入れた英文多読クラスの運営と結果の一部をご紹介し、さらに、近年話題になっている電子書籍の、英語授業や多読クラスへの応用の可能性を探り、参加される皆様と意見を交わしながら、日頃の授業の改善への方策を探りたいと考えています。



2月例会が今年度最後の例会となります。年度末でお忙しいかと思いますが、是非ともご参加ください。よろしくお願いいたします。また、次年度(4月)以降の例会でのご発表を募集しております。ご発表いただける先生方がいらっしゃいましたら、是非ご連絡ください。
スポンサーサイト
2012-02-06 : 例会案内 :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

bungakukyouiku

Author:bungakukyouiku
文学教育研究会ブログへようこそ。本研究会では年に5回、同志社大学今出川キャンパスにて例会を開催しております。ご関心のある先生方はぜひご参加ください。

QRコード

QR