JACET Study Group for Literature in Language Education (JACET文学教育研究会第13次プロジェクト)

摂南大学外国語学部 英語教育フォーラム

摂南大学の齋藤安以子先生から以下の通り「英語教育フォーラム」のご案内を頂いております。

**********************************

企画:摂南大学外国語学部 英語教育フォーラム

日時:2012年12月1日(土曜日) 14時~15時30分
場所:摂南大学 寝屋川キャンパス (京阪 寝屋川市駅よりバス15分)
講師:斎藤兆史 先生 (東京大学)

講演タイトル:「21世紀の教養と英語― 文学を用いた新しい英語教育」

要旨:
昨今、「グローバル化」に対応できる人材育成の理念の下、様々な英語教育改革がなされている。実は、英語が世界共通語であるとの考え方はすでに明治時代に存在し、大正時代には音声中心の英語教育の方法論が導入されたにもかかわらず、日本人の英語力は一向に向上しない。これは、日本語と英語が宿命的にかけ離れた言語だからであり、現在の学校教育にできることは、せいぜい個々人の主体的自主学習の基礎を与えることくらいである。にもかかわらず、今までの英語教育がまずかったとの誤解に基づき、その方法論だけをいじくり回すような改革が全国で進められている。成果・数値主義の風潮の中、英語力認定試験の点数を目標に掲げ、高等教育の名の下に試験対策を行なっている大学もあるようである。講演においては、大学英語教育のあるべき姿を「教養」の理念に立ち返って議論し、指導法の一つとして文学教材を用いた授業の形態を提案したい。

備考:入場無料。
スポンサーサイト
2012-11-20 : フォーラムその他の紹介 :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

bungakukyouiku

Author:bungakukyouiku
文学教育研究会ブログへようこそ。本研究会では年に5回、同志社大学今出川キャンパスにて例会を開催しております。ご関心のある先生方はぜひご参加ください。

QRコード

QR