JACET Study Group for Literature in Language Education (JACET文学教育研究会第13次プロジェクト)

文学教育研究会12月例会のお知らせ


文学教育研究会例会のご案内


さて、12月例会を以下の要領で開催したいと存じます。皆様、万障お繰り合わせのうえ、ご出席くださいますようご案内申し上げます。なお、会終了後、今後の方針なども含め皆様と歓談できる場とすべく、忘年会を兼ねた懇親会を開催する予定です。奮ってご参加くださいますよう、こちらも合わせてご案内申し上げます。



日時:2016年12月17日(土曜日)14時00分~17時00分
場所:同志社大学今出川校地 烏丸キャンパス 志高館、SK102
http://www.doshisha.ac.jp/information/campus/imadegawa/karasuma.html

*****

ワークショップ: 西納春雄先生(同志社大学)
タイトル「英文多読活動と映画を授業に利用する」

要旨:
前半では、英文多読活動を授業に取り入れる方法についてご紹介します。同志社大学では図書館の多読用図書を取りそろえる一方で、今年度から英文多読を記録するWeb上のサービスM-Readerを導入しました。来年度から英文多読を授業に取り入れる先生方に利用していただく予定です。M-Readerはインターネット上の無料のサービスで、どなたでも申請して利用することができます。この発表では、申し込み方法、基本的な機能をご紹介し、英文多読の効果的な取り入れ方を参加者の皆さんと考えたいと思います。
後半では映画のシーンを授業の一部に取り入れる方法についてご紹介します。教材に映画を使わなくても、Youtubeなどの動画サイトから映像を直接、あるいはダウンロードして提示し、副教材的に使うことは、学生たちの英語学習への意欲や異文化への関心を高める上で効果的です。発表では、映画Avatarを例にとって、動画の検索、ダウンロード、パワーポイントによる提示、そしてトランスクリプトの入手と提示をご紹介し、映画素材の効果的な取り入れ方を参加者の皆さんと考えたいと思います。
お互いに知恵と経験を交換して、学び合う場にしたいと思いますので、よろしくお願いいたします。


ご講演: 村上裕美先生(関西外国語大学短期大学部)
タイトル「授業とは―授業を考え、変える試み」

要旨
教育、研究、公務と大学教員もまた多忙を極めている。その日常において多様化する学習者への対応や専門以外の科目の担当等で悩み困っている教員は少なくない。また、その一方で大学教員の授業に関する研修機関やプログラムはまだまだ充実しているとは言えない。他の教育職の教員と異なり、大学教員には教職課程がないため、多くの教員の指導法は自身が学んだ教員の指導法を無意識のうちに踏襲していることが多い。その指導法が学習者の環境により功を奏することもあれば、学習意欲を削ぐことや教科そのものへの関心を奪うことにもなりかねない。
様々な授業改善法や指導法に接する機会は個々の教員に有ると思われるが、「授業とは」という根本に立ち返り自己の担当する授業に関して考える機会は希薄ではないだろうか。「授業」の捉え方により「授業」は変わる。この観点から大学英語教育の種々の科目の授業について考察する。

*****

文学教育研究会代表 幸重 美津子
          副代表 時岡 ゆかり
スポンサーサイト
2016-12-05 : 例会案内 :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

bungakukyouiku

Author:bungakukyouiku
文学教育研究会ブログへようこそ。本研究会では年に5回、同志社大学今出川キャンパスにて例会を開催しております。ご関心のある先生方はぜひご参加ください。

QRコード

QR